yomoのスモールボートフィッシング

    男鹿半島で ジギング&タイラバ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    PageTop

    DF40 ペラ周りの整備

    暫くやっていなかったDF40のペラ周り整備をしました。

    もう少しでシーズンですので、気合をいれて

    まずはコッタピンをペンチで伸ばして、

    コッタピンの頭をレンチで掴んでテコになるよう煽って抜き取り。
    コッタピン

    思ってたより簡単にコッタピンは抜けました。

    以前トーハツ2馬力の時のほうが難儀したかも。


    あとはボックスレンチをかけてナットを緩めます。

    ペラが回らないようにペラの上に木材をかって
    レンチ外し

    サイズは27mm。勘違いで28mmを準備して一度家まで戻りました((泣))。

    これも難なく簡単に緩みました。

    ナットの内側にワッシャーが1枚。

    その内側にスペーサーが1個

    その内側に筒状のブッシュが1個

    そしてペラ本体という順番に。

    それを裏表がわかるように取り外しました。



    ペラの内側にスペーサーがあるはず。



    ない?

    はい!ペラ本体に固着してました。

    内側固着

    すこしずつハンマーで振動を与えて固着した内側スペーサーを取り外しました。

    5分くらいかかった。

    外した内側のスペーサーがこれ。
    スペーサー

    塩が見事に全面についてました。

    すべてのパーツの塩をできるだけ落として一番内側に耐水グリース(ヤマハグリースA)をぬりぬり。

    グリスアップ

    シャフトにもグリースを塗って

    内側のスペーサーのペラ本体とあたる部分には(今回固着してたので)特に丁寧にグリスを塗って。

    あとは バラした時と反対の順番に組み付けていくだけ。
    組み付け1


    組み付け2


    最後にナットとシャフトの穴を合わせて、

    そこに新品のコッタピンを(手前側に長い方の足)入れて、

    長い方の足をペンチで折り曲げて完成!

    思ったより簡単でした。

    今回はテグス等の巻き込みクズもなく、塩の固着だけでしたが、

    この固着状況をみると、毎年メンテしないとダメかもですね。








    スポンサーサイト

    PageTop

    コメント


    管理者にだけ表示を許可する
     

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。